石川善一お話会『未来からの招待状』

更新日:9月23日


ニューエイジ レインボーウォーリアーズ アセンション 風の時代…

未来は『今ここ』から紡ぎだされます。各々が各々として魂を輝かせ、総意をもって未来を想い描いたとき、新しい時代の扉が開きます。

一人の男がすし職人として日本料理の世界を歩み始め、その道を極めようとする中で降りてきた様々な啓示。

より良き未来、より良き地球へシフトするための扉を開く『鍵』がここにあります。

みんなで扉を開けるために! 石川善一が語ります。


開催日時

令和4年9月24日 土曜日

午後2時~4時まで


参加費

お1人様10,000縁


*****************************************



石川善一 プロフィール

昭和34年、福井県生まれ。

中学卒業後、大阪の有名すし店で修業を始め、若くして『全国すし技術コンテスト』に入賞。料理人として様々な道を歩む中、【神法龍】が降り、庖丁紫儀にて神法相伝伝使と成る。その後、新流派『神鳳龍』を設立。日本各地の神社に包丁儀式や鶴来の舞を奉納する。

同時に、幼き日より日常的に起こる不可思議な体験を通じ、『エネルギー』をコントロールすることを学び、ヒーラー・施術師としても活躍。

今は、『米・水・塩』神棚に供えるこの3つの素材を『おむすび』として、シンプルかつ究極な心と身体のエネルギー魂として、晴れやかで穏やかな未来へ人々を『結ぶ』ため、「神鳳龍」創家として「おむすび光師」を養成する活動を主に、全国にその輪を広げている。


石川善一氏 『神鳳龍』ホームページ


石川善一氏 インタビュ―①

石川善一氏 インタビュー②

石川善一氏 インタビュー③

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示